単色 『半分、青い』 天使の羽編

前回は青のみ使用して青空と雲 を描きましたが、今回同じく青だけで 白い羽を描いた事があるので、 ご紹介します。 こちらはほぼ、ねり消しの『抜き』効果で 羽の柔らかい感じを出しています。 青色の濃淡の違いで形が見えてきます。 ぼかしは刷毛も使っています。 白い羽を見つけたら、 近くに『天使』がいる目印だそうです。 意識してみるとあなたも天使を感じたり 出会えるかもしれませんよ ちなみに、円い光はサンキャッチャーの 光を一緒に写しました。 天使が居るみたいですよね うふふ 《Norikoのパステル関連サイト》 …

続きを読む

単色 『半分、青い』 青空編

パステル青だけ使った単色で塗り方を工夫 するのみで青空と雲が描けます。 色鉛筆水色で雲の形を見える程度の 薄さで簡単に描き、それ以外を 青で塗ります   ポイントとして青空は上から色が濃く、 下に行くほど薄くなり、横に広がる上下の グラデーションを意識しておきます。 指の当たる面積と角度を変えて色を伸ばし、 刷毛でぼかして紙の目に青を綺麗に 塗りこんでみましょう。 刷毛と紙の相性も大事です。 濃い色を綺麗にぼかす時は、硬めの 刷毛を、薄くなじませたい時は柔らかい ものをチョイスしましょう ねり消しで雲の明るさ調節をすれば 完成です

続きを読む

混色 『半分、青い』 その②

NHK朝の連ドラ『半分、青い』続きが 楽しみで毎日観ています。テンポが良いですね その半分青いにかこつけて、パステルの混色 紹介その②です。 愛用品のペンテルパステル 青23 黄色12、白29 を今回も使用します。 ○半分を青く塗るところまではその①と 同じですね。     『半分、青い』 今回は全部 青で塗ってみましょう まるで地球のようですね。 丸を基本塗って練習するのがお薦めです。 ○を描いているうちに気持ちも円く なってきますよ

続きを読む

混色 『半分、青い』 雨編

NHKの朝の連ドラ『半分、青い』最近は 甘酸っぱい展開ですね。続きが気になります♪ その『半分、青い』にかこつけたパステル混色 今回は雨編 そろそろ梅雨入りでしょうか 小さな絵にもパステルは着色できますが、 指で塗るのが難しい面積の時は、 『綿棒』を使います 『紙軸』のものをお勧めします。 そして、下描き後ペンで輪郭線を 入れておきましょう。 綿棒は着色する前にパレットの中で 色を混色する時にも使います。是非 用意しておいて下さいね。 それと、ウエットティッシュと 乾いている普通のティッシュも ご用意下さい。 これは違う色を塗…

続きを読む

混色 『半分、青い』 その①

NHK朝の連ドラ『半分、青い』面白いですね 毎日観ています その半分青いにかこつけて、パステルの混色を 何回かに分けてご紹介します 愛用品のペンテルパステル 青23 黄色12、白29 を今回使用します グレーで丸いもの: 既に何度も使用しているねりけし 隣の白いもの: 新品のねりけし(比較の為掲載) ネーム入り白いもの: 固形のけしごむ ○半分を青く塗る パレットや梅皿を用意しても良いのですが ここは大胆に〇の半分側にパステル青23を カッター等で削り粉にし直接紙に落として 指で少し力を入れ、円を描くように刷り込む ように塗ります。○からはみ出しても 気にしないでOK。後で※ねりけしでお掃除 します{%大変we…

続きを読む

ティータイム その①

混色の続きの前にひと休みさせて下さいね ティータイムにしましょう 先日瑞々しいペパーミントを頂きました とても緑が綺麗で、早速葉や茎をキッチン ばさみで切って、お湯をさし、 ペパーミントティーにしてみました はぁ~爽やかでいい味出てます~ 初夏を感じます。ペパーミントは生命力が 強いので、鉢に植えて増えたらいいな 以前ベランダに植えたらすごい増えて びっくりしましたが 今はレモンバームが昨年から育っていて ここ数回既にお茶にして飲んでみましたが やはり、この季節からおいしくなるなぁと 実感しました。緑が綺麗でおいしい季節 自然の恵みに感謝です

続きを読む

第38回 創彩展 其の③

第38回 創彩展 (5/4~10)其の①・②で紹介 しきれていない会場の様子などお伝えします 会期3日目の5/6(日)16:00~授賞式&懇親会が 東天紅で行われました。参加者は都美術館に集合し お店の車で会場へ。円卓に着席し授賞式。 その後同円卓で余興ありの懇親会です。 席には創彩会代表の奥様とそのお姉様、 都内・近隣の方、京都府からはお母様と 付き添いの娘さんや、愛知県からの方々 もいらして話が出来、短い時間でしたが、 …

続きを読む

第38回 創彩展 其の②

創彩展2日目の5/5(土)は15:30~ 中西繁画伯のギャラリートークがありました。 創彩会所属の高松修さんと東京理科大学 時代からのご親友である、洋画家の 中西繁先生がギャラリーで皆さんと 一緒に希望者の絵を観て講評して下さる イベントです。(プライスレス) こんな感じです。先生のご提案で、まず作者が 皆さんに作品意図や思いを伝えて絵の講評を 先生が丁寧にして下さる流れでした。 自分の絵の近くに皆さんが歩いて来られて いよいよです~。どきどき。 中西先生は明るい笑顔を絶やさず、とても 穏やかで気さくな方でした。そして 若々しいです 私も『家族』を観て頂き、 …

続きを読む

第38回 創彩展 其の①

先日第38回創彩展が東京都美術館で開催 されました。(2018年5/4(金)~10(木)) 絵画・工芸・写真の全国美術公募展です。 1階 第2展示室 受付 入口手前のエレベータと階段がある 掲示板に受賞一覧が掲示されていました。 記念にパシャリ 私はパステル画 『家族』を初出品し 『佳作賞』 頂きました。(B2版サイズ) 光栄です 作品のタイトル・氏名に青●が付けられて いるだけで、『賞』の表記はありません。 これは先入観を持たずに一つ一つの 作品をじっくり観覧頂く為の主催者側の 配慮だそうです。 そんな訳で、スマホで写した受賞一覧と …

続きを読む

愛用品

教室案内の絵を描く時は、 『ぺんてるパステル』と 『トンボ鉛筆色鉛筆』を使っています。 絵の全体は 『ぺんてるパステル6色セットB』と 『ぺんてるパステル6色セットA』を カッターなどで粉にして、指や刷毛を 使って刷り込んで着色したり、 ねり消しゴムで色を抜いたり、 その効果を生かして描いています。 小学校4年生の時に人から頂いたもの です。 細かい所はパステルでは難しいので、 色鉛筆を使っています。小学校1年生から 使用している『トンボ鉛筆色鉛筆1500』 24色 金銀入りです。 とても経済的な画材達ですね 今回の教室案内の絵は、水色の色鉛筆で 軽く下描きをし、輪郭線をペンで…

続きを読む